【バイト探しなら】居酒屋キッチンバイトで身についたスキル

学生時代から、数々のアルバイトに従事してきましたが、そのなかでも、かなり役に立ったバイトの1つが、居酒屋のキッチン。

通算で3年ほどやったからわかる、身につくスキルを、メリットデメリットも含めてお伝えします。

1.調理スキル


まずは、当然のこれ。

居酒屋の業態や、担当の持ち場にもよりますが、食材の扱い方から包丁の使い方まで、基本的なことが身に付きます。

やきとり専門店などになって、焼場担当だと、ひたすら焼き物作ってるだけなんてのもなかにはありますが。。

それでも、調理スキルはある程度ついてきます。

私の場合は全般的に作るようなバイトだったので結構いろいろやりました。

  • ぱらぱらチャーハン
  • だし巻き卵
  • 肉豆腐
  • パスタ
  • オムそば
  • 焼き魚

などなど。

さらっと書きましたが、だし巻き卵とか、結構難易度高いです。

調理スキルは、私生活でも役に立つことばかり。

メリットもたくさん。

料理のできるメンズはやっぱりモテますよ。

結婚してからでも、奥さんに頼らずとも自炊できるし、奥さんに作ってあげるとすごく喜ばれます。

2.作業を並行してできる段取りが頭の中で組める


忙しいお店ほど、同時並行して進めないといけないことが多くあります。

例えば、お湯を沸かしながら、並行してチャーハンを作る。

焼き魚をオーブンにかけつつ、出来上がった料理を盛り付けし、その頃、ちょうど焼き魚をひっくり返す。

などなど、同時にやらなければいけない作業の組立が頭の中でできるように自然となります。

例えチャーハンのオーダーが先にきてても、焼き魚のオーダーが入れば、チャーハンを作っている手を一旦止めてでも、焼き魚をオーブンに入れる。

焼き魚はしばらく放置しておけるから、その間にチャーハンの続きを作る、といった具合で、頭の中で段取りを組みます。

こういった考え方ができると、その後の社会人生活にも応用ができます。

バイトはお金を稼ぐためだけにやるとつまらない


バイトをやってみるといろいろなスキルを身につけることができます。

もちろん、お金が最終的な目的ではありますが、それだけに固執して、時給だけでバイト探しをするのはもったいないです。

当然お金を稼ぎ、そのお金を使って何かをする。

というのもありますが、お金をもらいながら様々なスキルを身につけることができるバイトはとても有意義だと思います。

それにバイト仲間は辞めて10年以上経った今でもいい友人です。

バイトだからって面倒に感じることなく、はじめてみましょう。

居酒屋のキッチンは個人的にはとてもおすすめのバイトです。

たべクラフトマン

アラサー田舎サラリーマン。2児の父。 心と家庭の安定を求め、都落ちして、ゆったり働く元商社マン。 仕事はほどほど、趣味全力。 新しいもの好き。面白そうなものがあればすぐお試しします。FXも趣味でやってます。モットーは 「とにかく場数」 何にでも挑戦してこそ。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。