【夫婦円満の秘訣】妻に楽してもらうために実践していること4つ

共働き子育て世代の私のですが、やはり喧嘩のタネといえば、家事・育児の分担について。

今でもたまに喧嘩はありますが、どちからといえば、夫婦円満にやれているかと思います。

我が家の場合の過去の失敗を元に、皆さんに実践してもらいたいことを、男目線で記事にしていきます。

そもそも共働きしないと生活できないのか


我が家の場合は、あえて共働きという選択肢を選んでいます。

理由は、2つ。

1つは、夫(私)の稼ぎがソコソコだから。もう1つは、妻自身が働いていたいという気持ちがあるから。

私の稼ぎについては、現状の地方勤務で、激務でもないことを考慮すれば、特に不満はありません。

だいたい18時には家にいて、子どもとお風呂入って、寝かしつける。そんな毎日に幸福感を見出しています。

そもそも、私が都内の会社で働いていたときはもっと給与がよかったのを辞めたから仕方がないです。

妻が働き続けたいとのことで、その前提で会社選びをしました。

1 家事分担を決める


妻が時短勤務という現状の話ではありますが、ウチの場合の家事分担は大枠で以下のようにしています。

妻担当

  • 平日の炊事
  • 掃除
  • 洗濯

夫担当

  • 休日の炊事
  • 風呂掃除
  • ゴミ出し

その他の雑多なことはなんとなくでできる方がやっています。

買い物は週末にまとめてと、生協をとっています。

やらないと逆に、文句言われてしまうこともありますが、こちらとしても、きちんと家事をやるという姿勢が大切です。

2 食洗機の導入


もしかしたら、これが1番の重要かも。

食後の食器洗いの手間を一気に削減することができます。

下洗いが必要で結局面倒なんていう意見をたまに聞くけど、そんなの全然必要ありません。

こびりついてしまったようなものはさすがに無理だけど、それ以外はささっと見ず流すだけでOK

油ものもよく落ちます。

食洗機は本当におすすめ。

多少高い買い物だけど、それからの楽さを考えたら、導入すべき。

3 土日は家族のための時間にする


私はそうでもないですが、世のお父さん方は平日は結構おそくまで働いています。

飲み会も結構あったりで、帰りも遅かったり。

そんな訳で、平日は家事育児が奥さん任せになったりしますが、その代わりに土日は全力で家族のための時間とする。

それを宣言する。

これってかなり大事なことです。

4 生協などの宅配ミールキットを取る


生協などの宅配ミールキット、めちゃくちゃお手軽です。

最近ではよく目にするようになりました。

自宅まで届けてくれるし、野菜等は切ってあるから、火を通して炒めるだけだし。

たしかに、悪く言ってしまえば手抜きっていうのもあるけど、そんなこと思わないでいいんです。

  • 毎日の献立を考える手間
  • 食材を買い揃える手間
  • 調理、味付けの手間

これだけのものから解放されるんだから、かなりのメリットあります。 2人前700円〜3人前だと1,500円程度までメニューによっては高いけど、試しに利用するだけのメリットは十分ありますよ!

まとめ


世の中様々な夫婦関係があります。

おしどり夫婦、亭主関白、鬼嫁。。

なにはともあれ、折角長い人生一緒に過ごすのなら、仲良く楽しくかイイですよね!

そんな思いで記事にしてみました。

参考になれば幸いです。

たべクラフトマン

アラサー田舎サラリーマン。2児の父。 心と家庭の安定を求め、都落ちして、ゆったり働く元商社マン。 仕事はほどほど、趣味全力。 新しいもの好き。面白そうなものがあればすぐお試しします。FXも趣味でやってます。モットーは 「とにかく場数」 何にでも挑戦してこそ。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。