ミニマリスト必携の財布。コンパクトさを追及しつつ、ユーザビリティも高い

ミニマリスト目指して日々精進しております。

電子マネーが発達したおかげで、財布の中身も激減しております。

日常的な決済はほぼスマホで済ませています。

そんな私愛用の財布を紹介します。

必要最低限のカードと小銭をいかにコンパクトな財布で持ち歩くか


20181008_1242067014642695045746094750.jpg

私の常に携帯している財布は上の通り、手のひらサイズです。

デニムのポケットに入れてもかさばらないし、スーツでも持っていることを忘れるくらい。

コンパクトであるが故に、カード枚数に限りがあるものの、特別なときを除き、この財布とスマホさえあれば外出時に困ることはありません。

財布もミニマイズしています。

ミニマリストの財布の中身を公開します


クレジットカードタイプの厚さのカードなら5枚ほど収納可能です。

クレジットカードのメインで使ってるのはプリペイドカードのKyashです。

Kyashをおすすめする理由は下記の記事を参照ください。

ポイント錬金術〜クレジットカードのポイント還元率を常時3%以上にする方法

ただ、Kyashはたまに使えないことがあるので、そんなときはリクルートカードプラスを利用します。これもポイントがザクザク貯まるカードです。

あとは、東京メトロを利用するときに、乗車ポイントが貯まるので、ToMeカード(ANAカード)も常に携帯しています。

免許証と必要最低限の現金として3,000円。

クオカードはコンビニでの支払いにたまに使うので一応携帯。

これだけあれば、日常生活でほぼ困ることはありません。

スマホはおサイフケータイの使える機種。支払いシーンで使い分ける


私の携帯はおサイフケータイが使えるので、GooglePayも利用して、各電子マネー決済を利用しています。

・WAON

・nanaco

・Edy

・Suica

電子マネーはすべて導入しているので、店舗によって使い分けています。

GooglePayはチャージも一元管理出来るので、本当に便利。

■■関連記事■■

Google Payのキャンペーン特典、結構当たります

私愛用の財布はオリーチェ カードウォレット


この財布、本当に便利。 なので、皆さんにも使ってもらいたい(笑)

カード入れはこんな感じ。

ベジタブルタンニング協会のロゴとオリーチェレザーのロゴが押されています。

コインケース部分は、取り出しやすいボックス型コインケース。

小銭が一目瞭然なので、支払い時には便利です。

ユーザビリティが考えられていますね。

オリーチェレザーとは


イタリアンレザーで、ベジタブルタンニング協会に加盟しているタンナーの革。

発色がよく、革本来の風合いが味わえます。

使い込むほどに味が出て、愛着が湧くのも本革の財布ならではです。

カードもっと持ち歩きたい人には、OGONのアルミ製カードケースをおすすめします


コンパクトウォレットは便利ですが、入りきらないカードは別持ちして、必要なときだけ出すしかありませんね。

そこでおすすめしたいのが、オゴンのアルミカードケース。

このカードケースは何よりスタイリッシュ。フランスデザインならではですね。

RIMOWAに代表される、アルミのスーツケースを思わせるデザインで、洗練された印象を与えます。

カード収納部分が蛇腹になっているので、取り出しやすい点もおすすめです。

 

まとめ


いまや電子マネーやクレジットカード決済が当たり前になって、財布はどんどんコンパクトになっていきます。

ショップのポイントカードもアプリ化が進んでいるので、最低限の財布で困ることはほとんどない。

分厚くて、カードいっぱいの財布は止めて、財布の中身の断捨離をしてみませんか?

たべクラフトマン

アラサー田舎サラリーマン。2児の父。 心と家庭の安定を求め、都落ちして、ゆったり働く元商社マン。 仕事はほどほど、趣味全力。 新しいもの好き。面白そうなものがあればすぐお試しします。FXも趣味でやってます。モットーは 「とにかく場数」 何にでも挑戦してこそ。

あわせて読みたい

4件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。