定期的に本を処分する。既婚者がミニマリストを目指します。

最近、本を買わなくなりました。

業界の方には大変申し訳ないのですが、このインターネットの普及により、厳しくなっている面は否めないですね。

とはいえ、どうしてもコンピュータの画面ではなく、持ち歩きたいという願望は絶対に消えません。

本日は、そうして増えてしまった本を売ってきました。

家で眠っている本を現金に変える


いくつか方法はありますね。

1.ブックオフで売る

本日はブックオフに行ってきました。

1番手軽な気がします。

近隣に店舗があれば、さっと行って、サクッと売れちゃう。

今日は、トータルで750円になりました。

2.ヤフオク等で売る

ブックオフで売るよりは高額になるんでしょうが、私は面倒くさくて全然やらない。

画像撮ったり、文章書いたり、商品発送したりとか。。

慣れていないってのもあると思いますが、時間掛かるの嫌なのであまり利用してません。

3.ネットの買取会社を利用する

私もかつてはよく利用してました。

古本買取本舗

結構いい値段つけてくれます。

ただ、本で30冊からと、まとまって売りたいときには便利です。

自宅まで集荷に来てくれますし。

梱包して、買取申込みして待っていればいいので楽です。

旅行本は、旅行から帰ったら、即売るべし


今回私が売った本のなかに、旅行本と時事問題の本があります。

どちらも鮮度が大事な本。

使い終わったら即売るべし、です。

時間が経つほど、価値は落ちますからね。

今回、

地球の歩き方 イタリア 150円

公務員 時事問題 150円

と、他の本よりは高値が付きました。

英語の本を一斉処分すべし


英語の本、ついつい買ってしまいます。

買った安心感と、勉強してる満足感があるから。

それ、もう止めました。

実は、職業柄必要だったんですが、転職の末、もういらないかなって思いまして。

あと、本からじゃ、もう英語は身につかないという悟りの境地にいたりました。

本を売って手に入れたいのは、現金じゃなくて、本を売ったことによるスッキリ感


なんかうまく言えないけど、これ。

ミニマリスト目指して、まだ道半ばですが、まずは身の回り物を少しずつ減らしていきたいと思います。

定期的に本棚は見直しましょう。

たべクラフトマン

アラサー田舎サラリーマン。2児の父。 心と家庭の安定を求め、都落ちして、ゆったり働く元商社マン。 仕事はほどほど、趣味全力。 新しいもの好き。面白そうなものがあればすぐお試しします。FXも趣味でやってます。モットーは 「とにかく場数」 何にでも挑戦してこそ。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。