営業職 兼 ブロガー最強説。

私はメーカーの営業職として勤めています。そして、7月からブロガーになりました。

専業でブロガーの方も多くいらっしゃるようですが、営業しつつ、ブログを書くのって、結構最強なんじゃないかと思います。

その理由を記事にします。

外回りをする=多くの外部の情報に触れる機会がある


実のあるブログを書くには、多くの実体験を必要とします。

レビュー記事を書くなら家にいても、通販で買ったり、少しの外出での買い物でもできますが、営業で外回りをしていると、より多くの情報に触れる機会があります。

実際に使用するシーンも多く体験できる。

内勤だと、自宅と会社の往復でそういう訳にもいきません。

出張という、会社経費でできる実体験


出張が多いとなかなか大変な思いもすることがありますが、それも場数。

すべては経験につながります。

一回の出張だけで、

・出張手配のやり方

・おすすめスポット

・ご当地グルメ

・持っていきたい手土産、ご当地土産

・クレジットカード使用によるポイント記事

などなど、簡単に思いつくだけで、これだけ記事にできます。

移動時間や商談のすき間時間をブログに当てることができる


都内を営業するような営業であれば、移動手段はほぼ電車。

その移動時間をブログを書いたり、キーワード探したり、自由な時間に当てることもできる。

さらに、アポイントとアポイントの間の時間も、有効活用できます。

当然、営業に必要な情報を集めることもありますけど。

一定の収入は確保されている


ブロガーの方、皆さん言及しているところですが、ブログである程度収入を得られるようになるまでは、時間が掛かります。

当然、私のこのブログも収入なんてまったく得られていません(泣)

ただ、それでも、そこまで焦らず、じっくり向き合えるのは、一応本業での収入が確保されているから。

多少のブログ運営をしていく上での出費はお小遣いの範囲で余裕でなんとかなります。

まとめ


脱サラして、専業でブロガーになるのもいいですが、それ相応のリスクがあります。

営業職であれば、ブログに当てる時間も自分でコントロールできる。

ネタもたくさん思いつく。

営業職で会社勤めしながら、ブログを始めるのはとてもいい選択肢だと思います。

たべクラフトマン

アラサー田舎サラリーマン。2児の父。 心と家庭の安定を求め、都落ちして、ゆったり働く元商社マン。 仕事はほどほど、趣味全力。 新しいもの好き。面白そうなものがあればすぐお試しします。FXも趣味でやってます。モットーは 「とにかく場数」 何にでも挑戦してこそ。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。