【新卒就活】商社の営業職の志望動機について考える

商社への就職を希望されている方に向けて、志望動機の本音と、その伝え方について考えていきます。

転職者については、前職でのキャリアから志望動機に繋げたほうが分かりやすいので、この記事では、新卒や第二新卒の方向けとします。

そもそも営業職って


営業職はそのままですが、なにか商品を誰かにセールスする職種です。

職種の中分類としては、大きく法人営業(BtoB)と個人営業(BtoC)の営業があります。

また、就職活動の際には自分の営業するのが、無形のものか、有形のものかを、意識しておいたほうがいいでしょう。

感じ方は人それぞれですが、一般的に

有形法人営業→有形個人営業→無形法人営業→無形個人営業

と、右に行くほど難易度も上がり、精神的な負荷も上がります。

下記のような職種が上の分類に該当します。

【有形法人営業】

食品メーカー営業、化粧品メーカー営業、鞄メーカー営業、機械メーカー営業など

【有形個人営業】

アパレル販売(販売職も営業職です)、飲食店店員、寝具営業、車営業、不動産営業など

【無形法人営業】

システム会社営業、広告代理店営業、コンサルタント、ロジスティクス営業など

【無形個人営業】

保険営業など

商社はどうかというと、大手商社ほど扱い範囲が広く、一概に分類することが難しい場合が多いです。

事業部制となっていると、同じ会社でも

まったく違う分野の業務になりますので、自分自身がなにをやりたいのかを明確にしておく必要があります。

志望動機の本音と伝え方


志望動機はストレートに伝えて好印象のものと、言い換えて伝えるべきものがあります。

自分の本位と取られるものについては、会社にとってのメリットとなるよう伝え方を工夫しましょう。

・高い給料がほしい

→実績を重ね、会社内においても上を目指していきたい

・海外駐在してみたい

→(外国語力があるので、)語学力を活かし、海外の会社との窓口となる業務にもチャレンジしたい

・海外で商品の買付けをしてみたい

→元々、ものに携わるのが好きで、まだ日本にないモノ・海外のデザイン性の高いモノを日本で紹介していきたい

・かっこいい商社マンになってモテたい

→仕事を生きがいとして邁進していきたい

 

まとめ


商社の営業というと、まさに“人”が一番の商品といっても過言ではありません。

人間としても鍛えられる世界です。その営業力はどこに行っても発揮されていくものです。

自分の中で、志望動機を上げ、必ず、相手(会社)にとってのメリットとなるような伝え方をするようにしましょう。

 

たべクラフトマン

アラサー田舎サラリーマン。2児の父。 心と家庭の安定を求め、都落ちして、ゆったり働く元商社マン。 仕事はほどほど、趣味全力。 新しいもの好き。面白そうなものがあればすぐお試しします。FXも趣味でやってます。モットーは 「とにかく場数」 何にでも挑戦してこそ。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。