【イチオシ!音楽情報】エンターテイメント型パーティーバンド THE NUGGETS(ザ・ナゲッツ)

ロック大好きな私です。

イチオシのロックバンドを紹介します。

日本のリヴァプール、心のラスベガス

千葉県船橋市が生んだロックバンド

THE NUGGETS(ザ・ナゲッツ)です。

まずはこちらの動画ご覧ください。

「LET’s GO」

ライブのオープニングがこれだとめちゃくちゃ上がります。

ノリもいいですが、演奏うまいし、歌もうまい。

THE NUGGETSの魅力


・地元愛(千葉県船橋市)が半端ない

ザ・ナゲッツの地元は千葉県船橋市の大穴ってところです。

楽曲にもかなりの頻度で地元の地名が使われています。

バンドのテーマでもある「船橋を世界へ」という”魂”が潔く、男らしくていいですね。

・ビジュアルがいい

実は初めて彼らを見たとき、氣志團のオマージュ!?かと思ったくらい。

フロントマンのわたるはリーゼントだし、ベースの徹はモヒカンだし。

黒シャツに白いネクタイっていうのも覚えやすいユニフォームでいいですね。

ライブパフォーマンスが最高

これ、特にザ・ナゲッツの魅力なので、太字にしました。

ザ・ナゲッツの魅力はなんと言ってもライブ(ショー)にあると思います。

時間のある方は、下の動画見てみてください。

「ザ・ナゲッツ 船橋競馬場ライブ」

プロのミュージシャンの方にも、MCうまくない方結構いますよね?(笑)

ザ・ナゲッツは違いますよ。フロントマンわたるはMCめちゃくちゃうまい。

観客とのやり取りもお手の物だし、トークが面白い。メンバーいじりもできるし。

ライブに行ってみれば分かります!

あんまりハードルあげすぎてもなんだけど。

・若い!

見た目とは違って(笑)、彼らまだまだ23,24歳くらいです。

初めてみたときは、30代後半くらいかと思ってしまった。すみません。

若いですが、中学からバンド組んで、ずっと一緒にやってきているそうで、演奏はうまいです。

先日行われた10周年のライブも盛り上がりました。

言葉に力をもらえる


端的にいうと、元気でる、そんな歌詞の曲が多いし、ライブでの言葉も力強くて、勇気でます。

いくつか紹介します。

・「誰になんと言われようと、誰にバカにされようと、俺達はこのスタイルを貫いていく」

リーゼントやツイストといった、少し時代錯誤感はありますが、それが彼らのスタイル。

誰になにを言われようと、自分のスタイルを貫いているのは、やはり男心に、カッコよく映ります。

・「9回の裏、最後の最後までなにが起きるか分からない(大逆転)」

千葉県の高校野球のメインテーマにも使われた楽曲、大逆転。

演奏前のMCで言ったのが、上記の言葉。

ライブで聞くと、やはり元気でます。

・「何度転んでも何度負けようと、ありのままのあなたが美しいんだぜ(いいぜ)」

いいぜ、はこれも、元気をもらえる曲です。落ち込んだときや、月曜日の朝に聞くと効果絶大。(笑)

Twitterでも、中毒者続出中です


なんかこれだけ反響あると、いつ、超メジャーで、手の届かない存在になってしまうか。

その他、老若男女、熱いファンが多いのもザ・ナゲッツの特徴かもしれません。

ライブに行くと、小学生くらいからファンがいるみたいで、みんなノリノリでライブを楽しんでいます。

THE NUGGETSに興味が湧いた方は


下記の公式ホームページを覗いて見てください。

直近のライブの予定やディスコグラフィーも載っていますよ。

https://www.the-nuggets.com/

以上、ロック好きにおすすめしたいTHE NUGGETのご紹介でした。
※アイコン画像は、少しでも認知広げたく、公式ホームページからそのまま借用していますが、問題ありましたら、即差し替えますので、ご指摘ください。

たべクラフトマン

アラサー田舎サラリーマン。2児の父。 心と家庭の安定を求め、都落ちして、ゆったり働く元商社マン。 仕事はほどほど、趣味全力。 新しいもの好き。面白そうなものがあればすぐお試しします。FXも趣味でやってます。モットーは 「とにかく場数」 何にでも挑戦してこそ。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。