営業職必見!費用をかけない新規見込み客獲得の方法5つ

営業職である以上、誰しも新規顧客の獲得は意識して行動しなければいけません。

一番手っ取り早い新規顧客の獲得方法は展示会に出展することかもしれません。

ただ、多額の費用が掛かります。人員も割かなければいけないので、全社的な取り組みにもなってきます。

そこで、個人レベルでもできる、新規見込み客獲得の方法をご紹介します。

競合他社のホームページをチェックする


まず競合他社はどんな会社があるかは、ある程度の経験者であればわかるところです。先輩社員にでも聞けば、結構出てくる。

競合他社が分かれば、そのホームページの主要取引先を見れば見込み先が見つかります。

しかし、各社そうですが、このホームページに主要取引先を掲載するってありがたいことですよね。

対外的に信用度を高めるためだとは思うんですが、ありがたい。

あとは、その中で、取引のないところをピックアップするだけです。

業界団体の加盟会社を調べる


どの業界にも、大抵業界団体はあるものです。一般財団法人だったりします。

自分の会社がなにかしら業界団体に加盟していれば、その業界団体の名簿もあるかもしれません。

競合他社の情報も掲載されていたりしますし、有益な情報源になります。

展示会を回る


業界の展示会は、出展者が来場者になにかものを売るために開催されるものですが、出展者に向けてアプローチする方法もあります。

ターゲットが合致すればですが、展示会を回るだけで、かなりの見込み先を獲得できます。

ただ、出展者サイドからすれば、自分が新規顧客獲得のためにお金を払って出展しているのに、売り込みの営業をかけられるのは不快に思うものです。

まずは情報収集と考えて、パンフレットや名刺をもらうだけでもいいです。

ガンガン売り込むと敬遠されるので注意しましょう。

開催される展示会情報はJETRO(ジェトロ)の世界見本市・展示会情報サイトに一括で掲載されていますので、参照してみると展示会の開催スケジュールが掴めます。

展示会の来場者名簿を入手する


展示会主催者によっては、次回展示会の出展者を集めるために、来場者名簿を作成している会社があります。

担当者名や連絡先までは書いてありませんが、部署名は書いてあることもあります。

その情報を元に、ホームページをチェックして、電話番号を調べます。

展示会次第というところはありますが、来場者名簿はなかなか優秀な情報源になります。

メインバンクに紹介依頼をする


メインバンクとは書きましたが、取引のない銀行からも紹介してもらえることがあります。融資したいので。

銀行としても、定期的に商談会を開催し、ビジネスマッチングを行っている会社もあります。

こちらから積極的に販路拡大依頼をしてみると、意外といい案件を持ってきてくれたりします。当然、その分銀行に融資ひてもらうような見返りも必要な場合もあります。

銀行担当者の熱意次第というところもありますので一概には言えませんが、協力を求めてもいいかと思います。

地方銀行のほうが、地場の産業発展に力入れていたりしますので、うまく利用したいですね。

銀行との窓口は、経理担当や社長が担っていることが多いと思いますが、営業サイドとして同席できないか聞いてみるといいと思います。

まとめ


以上、費用を掛けずに、新規見込み客を獲得する方法をご紹介しました。

転職を4回した私ですが、新しい会社で営業する度に思いますが、みんなあんまり新規見込み客獲得はやってません。

当然新規で取引を始めるのはかなりの労力が入りますので。 だったら既存顧客に売り込んだほうが楽に売上も上がったりします。

ただ、新規顧客を攻めていかないと、”新規営業筋”はどんどん衰え、いつの間にか、今ある顧客だけでなんとかしようと四苦八苦するようになってしまいます。

しかも、新規顧客を獲得できると、社内の評価も結構高かったりします。それだけ難しいので。

筋肉と一緒で、新規営業も鍛え続けないと衰えてしまいます。

ぜひ気合いれて、新規営業頑張りましょう。

たべクラフトマン

アラサー田舎サラリーマン。2児の父。 心と家庭の安定を求め、都落ちして、ゆったり働く元商社マン。 仕事はほどほど、趣味全力。 新しいもの好き。面白そうなものがあればすぐお試しします。FXも趣味でやってます。モットーは 「とにかく場数」 何にでも挑戦してこそ。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。