自衛官になりたい!予備自衛官っていったいなに?解説します。

自衛隊、かっこいいですよね。

私も子どものころには憧れたものです。自衛官になりたいと思ったのも遠い過去。

でも、社会人になってからでも自衛官になる方法があるんです。

それが、予備自衛官制度。意外と知らない人が多い

私も、近くで自衛隊のイベントがあったので、行ってみたらたまたま知った制度です。ほとんど知られてない。消防団より知名度低いかも。

いや、広報の方が頑張っているんです。もっと広めていきましょう。

予備自衛官とは


【役割】

第一線部隊が出動した際の駐屯地の警備や、通訳・補給などの後方支援の任務等につきます。

【応招義務】

  • 防衛招集
  • 国民保護招集
  • 災害招集
  • 訓練招集

予備自衛官制度 ホームページより引用

自衛官は、緊急時(戦争や、災害)以外は訓練をしていますが、通常時に必要以上の人員を保持しておくことはできないという事情があります。

費用が掛かりますので当然といえば当然ですね。

そんな必要最低限の人数で、緊急時に出動などした際には、基地が手薄になってしまったりします。

そこで出動するのが、予備自衛官です。

本職の自衛官の方々が第一線に出たときに、後ろからサポートする役目ですね。

普段は社会人や学生として、本業に従事しながら、緊急時に備え、訓練を受けます。

即応予備自衛官と予備自衛官補という制度もあります


即応予備自衛官は、緊急時に後方支援ではなく、第一線の部隊の一員として出動します。

自衛官と予備自衛官の間のポジションという感じです。

現行の制度上は元自衛官の方しかなれませんが、見直しの動きもあるようです。

予備自衛官補は、予備自衛官になるために教育訓練を受ける制度です。

一般人が予備自衛官になるためには、まず予備自衛官補として訓練を受けます。

予備自衛官って副業?


予備自衛官になると、手当が支給されます。

  • 予備自衛官手当
    4,000円 / 月(税別)
  • 訓練招集手当
    8,100円 / 日(税別)

48,000円/年はなにもしなくとも収入になります。ただ、訓練を受ける義務があり、8,100円/日の手当も別途支給されます。

予備自衛官が副業にあたるかどうかは、判断の分かれるところですが、間違いなく副収入にはなります。

ただ、実際の予備自衛官の方々の話では、副収入目的でやっている人はほとんどいないとのことです。

もっと高い志をもっていないと、訓練も楽ではないので、副収入目的では訓練に耐えるのがきついようです。

だったら、FXでもやって稼いだほうがいいかもしれません。(笑)

まとめ


  • 予備自衛官とは、自衛隊の後方支援をする社会人(学生)
  • 年間に規定の訓練を受ける必要がある
  • 手当が支給される

興味がある方は、試験を受けてみてはいかがでしょうか?

↓予備自衛官の公式サイトです。

http://www.mod.go.jp/gsdf/reserve/yobiji/index.html

訓練日程についての記事はこちら

予備自衛官補一般の訓練日程ってどんな感じ?解説します。

たべクラフトマン

アラサー田舎サラリーマン。2児の父。 心と家庭の安定を求め、都落ちして、ゆったり働く元商社マン。 仕事はほどほど、趣味全力。 新しいもの好き。面白そうなものがあればすぐお試しします。FXも趣味でやってます。モットーは 「とにかく場数」 何にでも挑戦してこそ。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。