転職5社目 アラサーサラリーマン仕事の話⑥ 〜食品メーカー営業編〜

いよいよ転職4回、5社目の会社に入った私。

現在進行形ではありますが、思ったことや、実際に入社してみて良かったことなどを記事にしていきます。

理想の転職なのか

通勤電車から解放された

私だけじゃなく、いろいろな方がやはり都心の満員電車での通勤には辟易としているようです。

私もそうでした。

優雅に新聞を読むなんてもってのほか、スマホいじることさえ厳しいくらいの満員電車でした。

しかも、乗り換えも2回。

人はパーソナルスペースが確保できないとイライラする生き物のようで、朝の通勤電車では、喧嘩も多発。

私も舌打ちされたり、肩で当たられたり、不快な思いで出社することもありました。

田舎の会社に入って、車通勤になりました。満員電車から解放された喜びが大きすぎます。

通勤時間が4分の1に

以前は、帰宅時間が24時を過ぎてしまうこともざら。

定時で上がっても、帰れば家族と一緒に食事はできない時間に帰宅していました。

通勤時間が30分程度になり、家に帰って、みんなでご飯を食べて、子どもとお風呂に入る。

一見、普通過ぎてしまいますが、これはとてつもない幸せな時間です。

家庭の安定

家族との時間ができれば、当然会話も増えます。

特に妻と1日のことを話す時間ができたことがお互いよかったことでした。

いわゆるワンオペで頑張っていた妻からは転職して感謝されっぱなし。

今のところは、ですが、理想に近い転職であったと感じています。

入社前とのギャップ

私は幸運なのかもしれませんが、悪い意味でのギャップはありません。

むしろ、良かったことのほうが多いです。

定時で帰宅する人が多い

思った以上に、皆定時で帰っていきます。工場なので、チャイムが鳴るのですが、鳴った途端に「お疲れ様です」の声が。

そうなると、それに釣られてか、30分も残業しないで帰る人が多い。

前職での、残業しない人は業務量が少ない扱いを受けていたのは一体何だったんでしょうか。

飲み会が少ない

これは電車通勤が多いか、車通勤が多いかの違いによって起こることだと思いますが、飲み会ほとんどありません。

飲み会あるときは、事前に連絡があるので、スケジュールを立てやすい。

前職は残業してると、「軽く一杯やってく?」とすぐにお誘いが掛かり、結局終電なんてことが良くありました。

不生産的なこと極まりないですね。

 

今後の展望

収入はそこそこでOK

これは割り切っています。収入の代わりに手に入れた時間が大事。

趣味を充実させる

とにかく無趣味に近い状態でしたが、これからはどんどん色んなことやってみる。で、続けたいことだけ、趣味にしていく。

副収入を得る

会社以外の収入を得る。ブログもそのためのツールです。

家族との時間を大切にする

子どもが親と遊んでくれるなんて、小学生までだと思っています。ほんの10年くらいのもの。

たくさん遊びたい。

今後の夢

できれば、アーリーリタイアする。

仕事やめて、やってみたいバイトでもしてみる。

子どもが独立したら、京都辺りに移住する。

仕事って、人生においてすごく大事。一方で自分の生活や家族はもっと大事。

理想の仕事求めていいじゃないか。

迷ってるなら転職もありです。

 

たべクラフトマン

アラサー田舎サラリーマン。2児の父。 心と家庭の安定を求め、都落ちして、ゆったり働く元商社マン。 仕事はほどほど、趣味全力。 新しいもの好き。面白そうなものがあればすぐお試しします。FXも趣味でやってます。モットーは 「とにかく場数」 何にでも挑戦してこそ。

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。